WordPressの使い方とSNSに依存しない個人のWeb戦略について発信しています

  1. 仕事術・つぶやき

キラキラ起業女子の話は他人事ではないと思いながら書いています

こんにちは。藤江です。

(幸いにも?)私はキラキラ起業の方向には行きませんでしたが、だからといって私には無関係とは思っていなくて、どこかで一歩まちがっていたら、そうなっていたかもしれないと思っています。

なので、キラキラ起業女子をテーマにしたブログを書くときは、どこか程よい緊張感があります。(笑)

「キラキラってダメだよねー」と漠然と言っているだけの自分がイヤなのもありますが、

  • 何がどうダメなの?
  • 何ならOKなの?
  • どういう人には合う?
  • どういう人には合わない?
  • その理由は?

と掘り下げていくことで、

「なるほど。じゃあやっぱりダメだよね」と確認して、この先キラキラの罠にうっかり落ちないように、胸に刻んでいます。

自撮りや充実ライフのアピールや、見栄のためのブランドモノや、憧れ演出の海外旅行は、表面的なものでしかなく、そのブームが去っても、新たな何かは生まれてくるものです。

なので、”新たな何か”が自分の目の前にあらわれたとき、それがキラキラの進化形なのか、ちがうのか、自分なりの判断基準は持っていたいなと思っています。

キラキラ起業女子問題

キラキラ起業女子の問題は、「見せかけ」であり「虚」ということですよね。

集合写真で人気者アピールがダメなのではなく、「それで、商品は?」ということ。

自撮りがダメなのではなく、「笑顔でごまかしていない?」ということ。

憧れてもらうための海外旅行がダメなのではなく、「アピールすることが別にあるのでは?」ということ。

全部、自分のエゴのためにやっていませんか?ということです。

 

キラキラ起業女子という言葉を知るはるか前に、スワロフスキーのボールペンを購入したことがあり、持っています。

キラキラしていて、かわいかったので(笑)

仮にそのボールペンに芯が入っていなくて書けなかったら「見せかけ」のボールペンです。(実際は、ちゃんと芯は入っています)

ボールペンなら、インクの入っている芯があってこそですよね。

キラキラ起業女子はまさに、その芯がない状態だったのでは?

 

日テレの番組のスッキリで「キラキラ起業女子の実態」が取り上げられたのは、2017年8月のこと。

11ヶ月前のことです。

放送数日後ですが、そのとき書いた記事がこちら。

キラキラ起業女子は「今は昔」状態で、起業界のスピードの速さを感じます。

見た目にわかることの裏には

  • ラウンジでセッションしたい
  • 高価なノースリーブワンピを着たい
  • 自分を中心に集合写真を撮りたい

と見た目にわかることの裏には、

  • 憧れられたい
  • 羨望の眼差しで見られたい
  • 人気者になりたい
  • ちやほやされたい

と見た目にはわからない、心の奥底にあるものが影響しています。

心の奥底にあるものは、自分で中々気がつけません。

経験したり、失敗したり、時には痛い目を見たりして、「あぁ、私はこう思っていたんだ」と気づくことができます。

そういうことは、いつでも誰にでも起こりうること。

なので、他人事じゃないなと思うのです。

絶対大丈夫!と思っている人ほど

キラキラ起業女子に関して、ほかにはこんな記事も書いています。

 

それから、起業塾ってどうなの?起業コンサルってどうなの?という声があり、こちらにまとめています。

 

もしかしたら私もそうなっていたかも?と思いますが、キラキラ起業女子の方向に行かなかったのは、疑問に思ったことがあり、それを調べているうちに、「それはおかしいよ」という情報にたどりついたからでした。

「自分は絶対大丈夫!」という人ほど、騙されやすいと言いますよね。

あなたは大丈夫ですか?

仕事術・つぶやきの最近記事

  1. 仕事を楽しむ仕掛けを!楽しいは作れる

  2. コンテンツ販売プラットフォームのBrain(ブレイン)は知識共有より欲望共有?

  3. たぶん誰も教えてくれないデザインセンスの話

  4. 違和感起業女子にならないためには

  5. 違和感のある起業女子の作られ方とその違和感の中身

スポンサーリンク


スポンサーリンク


メルマガ

有料コンテンツ

note

スポンサーリンク




Twitter

PAGE TOP