WordPressの使い方とSNSに依存しないWeb戦略について発信しています

  1. マインドセット・考え方

アウトプットの壁を乗り越えるために目を向ける3つのこと

こんにちは。藤江です。

アウトプットしようと意識するとハードルが上がりますよね。

きれいにまとめなきゃ、イイコト言わなきゃ、毎日書かなきゃ、など。

これが気になると、手が止まってしまいます。がんばろう!と思えば思うほど、進まない現象ですね。

 

なので、アウトプットに目を向けるのではなく、次のことに目を向けてみるのはどうでしょうか。

  1. 伝えたい人
  2. 伝えたい場所
  3. 伝えたいこと

1つずつお伝えしていきますね。

1.伝えたい人

あなたの考えや知っていること、スキルや知識を伝えたい人はいますか?共有したい人はいますか?

アウトプットより「伝えたい人」にフォーカスしていきましょう。

 

●●に困っている人、●●に悩んでいる人、というのがイメージしやすいと思います。

または問い合わせをくれた●●さんということもあるかもしれません。

(クライアントの●●さんの場合は、直接伝えた方がいいでしょうね)

 

●●に困っている人、●●に悩んでいる人はよく聞くと思いますし、それでもいいのですが、できたらもう一歩踏み込みたいところ。

●●に困っているけど事情があってあなたに相談できない人を対象にしてみるのもおすすめします。

そうすると、伝えることが明確になり具体性が増してきます。

 

ブログ書かなきゃの前に、伝えたい人は誰ですか?

今、あなたに相談できないけれど、●●に悩んでいてあなたのアドバイスが役に立ちそうな人はいますか?

相談してくれないから(お金払ってくれないから)伝えたい人にならない、という方は・・・このブログは合っていないと思います。

2.伝えたい場所

伝えたい場所はありますか?

Web上なら、ホームページやブログ、Twitter、Instagram、Facebookなどですね。

オフラインなら、講演会場、講義教室、カフェなど。

 

Webでもオフラインでも、あなたの気分が上がる場所がいいです。

あなたがノっていることでアウトプットの質も変わってくるからです。

 

ブログなら、気分が上がってついつい開きたくなるような、更新したくなるようなデザインテーマを選ぶことをおすすめします。

無料のワードプレステーマもたくさんあります。

 

無料のデザインテーマでこれ!というものが見つからないときは、有料のテーマを検討してください。

仮に12,000円のテーマだとしても、1年で計算したとき1ヶ月1,000円、5年使うと1ヶ月わずか200円です。

有料とは言え、月200円で気分が上がるならコスパは悪くないと思います。

 

あなたの気分が上がったことで読者やお客さんにとって良いアウトプットにつながるなら、こんなに素敵な話はないですよね。

3.伝えたいこと

伝えたいことはありますか?

個人ビジネスをしている人で、伝えたいことがない人はいないと思います。

 

書くことが苦手でブログで伝えられないということはあるかもしれませんが、伝えたいことがないわけではないですよね。

手段は別として、伝えたいことはあるはずです。

その伝えたいことにフォーカスしていきます。

 

自分が言いたいことの前に、まずはこちらの2つ。

お客さんによく聞かれることは何ですか?
→あなたから知りたいことなので、伝えていきたいですね。

よく検索されるキーワードは何ですか?
→あなたのブログにたどり着いたキーワードで、あなたに求められていることです。

これも伝えていきたいですね。

よく聞かれてよく検索されるキーワードに関して伝えたいと思えないとしたら・・・個人ビジネスは合っていないと思います。

 

守備範囲を広げることを目的にして、たまには主観の塊の内容を伝えるのもアリです。

ノウハウや方法論を伝えることが多いと、伝えていておもしろみに欠けてくることもあると思うので、たまには主観も。

読者にとっても、あなたにとってもスパイスになると思います。

「べき」より「したい」を優先

アウトプットに苦しんでいる人、アウトプットに苦しんでいるときは、「ブログを書かなきゃー」「資料作らなきゃー」と手段に気を取られてしまっています。

また、そういうときは、アウトプットの向こう側にいる人を忘れがちです。

自分のことしか考えていないとも言えますね。

 

細かいこと言うと、伝えるべき人に、伝えるべき場所で、伝えるべきことを伝えるべき、なのですが、べきべきお化けにとりつかれてしまって行動できなくなってしまったら意味がないので、今回はなるべくあなたがしたいことを優先させる内容をお伝えしました。

やるべきことより、やりたいことの方が着手も早く、アウトプットも早いですからね。

スピード感という壁も低くなります。

そして、アウトプットすると何かしたら結果が得られますよね。

その結果を見て、次に「べき」に切り替えていきましょう。

 

まとめます。

アウトプットした方が良いのはわかっているのに中々進まないときは、この3つのことに目を向けてください。

  1. 伝えたい人
  2. 伝えたい場所
  3. 伝えたいこと

理想は、1、2、3の順番ですが、あなたが目を向けたいものからでOKです。

アウトプットのハードルが下がって、伝えることが楽しくなりますように…!

 

アウトプットがどうこうの前に、インプットを見直したい方はこちらを。

マインドセット・考え方の最近記事

  1. アイデアには広げる力とまとめる力が必要

  2. 個人起業のよくある悩みと負のループにハマらない心構え

  3. 環境を変えても人生変わらない人がいる理由

  4. アウトプットの壁を乗り越えるために目を向ける3つのこと

  5. 良かれと思っても相手が望んでいないことは無価値

スポンサーリンク


スポンサーリンク


メルマガ

有料コンテンツ

note

スポンサーリンク




Twitter

PAGE TOP