WordPressの使い方とSNSに依存しないWeb戦略について発信しています

  1. マインドセット・考え方

個人起業のよくある悩みと負のループにハマらない心構え

こんにちは。藤江です。

行くところまで行ってしまうと軌道修正が大変だったり、切り替えに苦労したりします。

こういうこともあるんだ、と知っておくことでドツボにはまるのを避けられますよね。

今回は、個人起業のよくある悩みと、その悩みからくる負のループにハマらないための心構えを紹介します。

これから起業する人も、起業したての人も。

個人起業の悩み:忙しい

基本的に全て一人で担当することになると思います。時間は何時間あっても満足することはありません。

起業初期には起業初期のやることがあり、起業3年の人には3年の課題があります。比例して忙しくなるので、もし今の時点で忙しいと感じている人は無理と思っていた方がいいですね。(都度、タスクの見直しや仕組み作りはしていく必要がありますが、今回は割愛します)

もっと言うと「忙しいからこれ以上何かをやるのは無理」という人はもう無理ですね。起業を諦めましょう。今、無理して進めると後々、自分を追い詰めて体調を崩すことさえあります。

やることは日々たくさんあるけど、それが楽しいと心から思えている方は合っていると思います。

 

それから忙しさアピールの中に「自分が2人いたらなぁ」と言う人がいますがそれはエゴです。

1人でできてない時点で、そういう人が2人いたところで…問題は解決しません。

時間を作るために効率化するのが正解のようにも思えますが、忙しいと思っている人はどんな状況になっても忙しいと思ってしまうので、効率化の前にやることがあります。

(一生、”忙しい”と言い訳すると思います…)

「忙しい」の心構え

「忙しいことは当たり前である」=通常運転だと思いましょう。

忙しいと感じるのはやらされている感があるからだと思いますが、主体的になるとフロー状態になれます。

「忙しい」から「フロー状態」を目指していくといいでしょう。(気づいたらそうなってた、という状態なのでその時は気づかないと思いますが…)

個人起業の悩み:比較される

個人起業は、選んでもらったクライアントの感謝がダイレクトにくるのでそれがやりがいにつながるものの、常に比較される状態を避けることができません。

比較されることは当然です。

比較されたくないと思ってオンリーワンを突然目指そうとする人がいますが、オンリーワンはナンバーワンの先にあるので、まずはクライアントや見込み客のナンバーワンを目指さなくてはなりません。

比較されることからは逃げられないんですね。なので、比較される心構えでいた方が良いでしょう。

「比較される」の心構え

比較してもらうことはアピールポイントを示せるチャンス。

棒グラフも1本だけでは、それが高い数値なのか低い数値なのかわかりません。

比較対象になる棒が何本もあるから、良さがわかります。

誰でも突出している部分があります。

それをアピールすることで、他者(他社)と比較してもらい選んでもらうことができますね。

個人起業の悩み:値切られる

「安くしてほしい」「無料にしてほしい」と言われる…。個人起業の悩みの一つとして、挙げられます。

こうなる理由は、あなたの商品が高すぎるからでしょうか?

答えは、対価を払うことに抵抗がある人を相手にしているからです。

あなたの商品に魅力があるから交渉してくることも考えられますが、値段に見当った成果効果を自分で出すつもりがそもそもないからアウトですね。

「ターゲット」や「ペルソナ」と聞いたことがあると思いますが、こういう人にお客さんになってほしいと決めると同時に、こういう人にはお客さんになってほしくないということも決めていく必要があります。

「値切られる」の心構え

お問い合わせや相談に対して無視はできないと思うので、対応はしましょう。

一次対応はしても相手にしない。

ここまでならできるけど、ここからはできないという線引きは大事です。(これはホント大事)

個人起業の悩み:安定しない

会社勤めと違って、毎月決まった金額が振り込まれる保証がありません。

安定や堅実を求める人には起業は向かないので、「収入の安定」の優先順位が高い人はやめた方がいいと思います。

半年~1年くらい無収入でも大丈夫なお金は確保しておいた方がいいでしょう。

 

スタート時点で「起業して安定」という考えだと不安定な現実に病んでしまう可能性がありますが、先々のために仕組み作りをしながら収入の土台を築いていくのは可能です。

センスのある人は無意識の内にうまくポジショニングして、サラッと売ってリピートしてもらうサイクルを作り出せると思いますが、無意識でできる人は一握りでしょう。

「安定しない」の心構え

保証はないけど上限もなし。やればやっただけです。

「…でも、安定しないんでしょ?」という悩みが真っ先にくる人は、”そこまでがんばるつもりはない”と言っているようなものなので、独立するのは向いていないと思います。

マインドセット4つの提案

最後に最強マインドセットをプレゼントします。

3ヶ月でも1ヶ月でも1週間でもいいので、上記のことは全く問題じゃない!というテイで行動してみてください。

  • やることが多くて忙しい?→やることがたくさんあるなんてサイコー
  • 他者(他社)と比較される?→比較されてこそ自分の良さが伝わる
  • 商品を値切られる?→そういう人は相手にしなければOK
  • 収入が安定しない?→ということは伸びしろも無限大

偽物ポジティブに見えてしまいますが、目の前の問題をぼやかしているわけではなく、けっこう根本的なことだと思います。

 

何でもかんでも事前に対処できないので、起きてから対処することもあると思いますが、一回気持ちが落ちてしまうと浮上するまでに時間がかかることもがあります。(女性に多いでしょうか…?)

いかに落とさないか、ということもポイント。

そういう意味も含めてこのマインドセットは大事です。

マインドセット・考え方の最近記事

  1. 個人起業のよくある悩みと負のループにハマらない心構え

  2. 環境を変えても人生変わらない人がいる理由

  3. アウトプットの壁を乗り越えるために目を向ける3つのこと

  4. 良かれと思っても相手が望んでいないことは無価値

  5. 自分がすることと他人がすることの境界線

スポンサーリンク


スポンサーリンク


有料コンテンツ

note

スポンサーリンク




Twitter

PAGE TOP