WordPressの使い方とSNSに依存しないWeb戦略について発信しています

  1. マインドセット・考え方

騙されないために騙しの6段階を知る『騙す人の心理 騙される人の心理』

こんにちは。藤江です。

騙す人がいて、騙される人がいる。

騙す人を見分けるのは簡単ではないですが、参考になりそうな話があったので共有したいと思います。

話の展開からわかる騙しの6段階

騙す人が、たった一つの何かで見分けられたらいいのですが、そうもいきません。

ですが、話の展開からわかることがあるようです。

人を騙すとき、次の6段階で行われます。(納得する方も多いのでは)

①甘い話で欲望、刺激を与え、利益を目の前にぶら下げる。

②権威や集団心理、共同体意識を利用する。

③理屈、理論よりも感情、雰囲気に訴える。

④「おだて」「すかし」「脅し」「泣き落とし」「突き放し」などあらゆる手段を用いる。

⑤答えを出させるのに時間的余裕をなくし、切迫感を駆り立てる。

⑥不安感、危機感をあおり、”その場”での同意決定を求める。

(「騙す人の心理 騙される人の心理―ビジネスから男女関係まで…心は簡単に操作される 」より引用)

この流れで話が展開されていたら、騙そうとしている?と疑って良さそうです。

子宮系やキラキラ女子系や、キラキラ起業塾系が浮かんできます。。。

 

「がんばらなくてもザクザク」「自分に甘くても理想の世界にいける」という利益を目の前にぶら下げるところからスタートして、みんなもやっているという集団心理を巧みに利用して、感情に訴える。(感情にばかりフォーカス)

そして、おだててみたり、これをしなければ損!と思い込ませてみたりして、時間的余裕をなくし不安感を煽る。

 

6段階は、言われてみないと気がつかなそうです。

なんて、なめらかなストーリー。

というか、6段階もあるのですね。

何でもかんでも詐欺ではない

ただ、注意したいこともあります。

話の展開の6段階から、人を騙そうとしているのか、疑うことはできますが、どれか一つ当てはまるから全て騙し、詐欺だとは言えません。

例えば、

①甘い話で欲望、刺激を与え、利益を目の前にぶら下げる。

「利益を目の前にぶら下げる」という表現はイメージが良くないですが・・・

いつも厳しい話が多い人が、甘い話をすることもあります。

その瞬間、「詐欺だ!」とはなりませんよね。

甘い話の次の展開に耳を澄ましてみてください。

 

また、

⑤答えを出させるのに時間的余裕をなくし、切迫感を駆り立てる。

これも誤解されていることがあるのかなと感じるのですが、答えを早く出させることは悪いことではありません。

人間「いつでもいいこと」はやりませんし、そのときに決意できなければ、それまでのことだった言えることもあります。

回答に期限があるからといって、これは詐欺だ!とは決めつけないでほしいなと思います。

 

部分だけ見て判断するのはちょっと待って、ということですね。

だからといって、全体像をつかむことは容易ではないですが、一連の流れは抑えておきたいところです。

 

ただ、「答えを早く!(せかせかっ)」「今すぐ決めて!(早く!早く!)」と迫ってくる人は、気を付けた方がいいでしょうね。

騙されない!が騙されるから

私は子どものころから、騙される人の心の動きに興味があります。

父の本棚に新興宗教に関する本があり、それを読んだことがきっかけかもしれませんが、はっきりといつからとは覚えていません。(そこから、宗教やねずみ講、マルチ商法の仕組みやそれにハマる人たちに興味を持ちました)

そのときから、「私は騙されないぞ」と思ってきましたが、「”私は騙されない”と思っている人が騙される」と夫に指摘され、今では“私は騙されるかも”と思いながら生きています(笑)

なので、この記事を書きながらも他人事ではなく、けっこう自分事だったりもします。

 

だいたい頭の中ではいつも、2つの点を行ったり来たりしているのですが、この場合、

騙さない! ←→ 騙されるかも?

を行ったり来たりしています。

 

騙しの6段階を歩いている真っただ中の人には、この話をしてもおそらく通じません。(騙す方も、騙されている方も)

なので、活用法としては、同じことを繰り返さないための過去の振り返り、また、もしあなたが相談を受けることがあったら、この6段階に当てはまるのか?どの段階にいるのか?を確認するために使っていただければと思います。

 

繰り返しますが、この6段階の真っただ中にいる人は、騙されていると気がつきません。

あなたに相談するとき、騙されているかも?というより、人間関係やお金、健康などよくあるお悩み相談として、言われると思います。

 

最後に、「話の展開からわかる騙しの6段階」をもう一度紹介します。

①甘い話で欲望、刺激を与え、利益を目の前にぶら下げる。

②権威や集団心理、共同体意識を利用する。

③理屈、理論よりも感情、雰囲気に訴える。

④「おだて」「すかし」「脅し」「泣き落とし」「突き放し」などあらゆる手段を用いる。

⑤答えを出させるのに時間的余裕をなくし、切迫感を駆り立てる。

⑥不安感、危機感をあおり、”その場”での同意決定を求める。

 

こちらの本を参考にしました。

ちょっと古い本ですが、今でも十分に学べるところがあります。

マインドセット・考え方の最近記事

  1. アイデアには広げる力とまとめる力が必要

  2. 個人起業のよくある悩みと負のループにハマらない心構え

  3. 環境を変えても人生変わらない人がいる理由

  4. アウトプットの壁を乗り越えるために目を向ける3つのこと

  5. 良かれと思っても相手が望んでいないことは無価値

スポンサーリンク


スポンサーリンク


メルマガ

有料コンテンツ

note

スポンサーリンク




Twitter

PAGE TOP