WordPressの使い方とSNSに依存しない個人のWeb戦略について発信しています

  1. 考え方・マインドセット

騙されないために騙しの6段階を知る『騙す人の心理 騙される人の心理』

こんにちは。藤江です。

騙す人がいて、騙される人がいる。

騙す人を見分けるのは簡単ではないですが、参考になりそうな話があったので共有したいと思います。

話の展開からわかる騙しの6段階

騙す人が、たった一つの何かで見分けられたらいいのですが、そうもいきません。

ですが、話の展開からわかることがあるようです。

人を騙すとき、次の6段階で行われます。(納得する方も多いのでは)

①甘い話で欲望、刺激を与え、利益を目の前にぶら下げる。

②権威や集団心理、共同体意識を利用する。

③理屈、理論よりも感情、雰囲気に訴える。

④「おだて」「すかし」「脅し」「泣き落とし」「突き放し」などあらゆる手段を用いる。

⑤答えを出させるのに時間的余裕をなくし、切迫感を駆り立てる。

⑥不安感、危機感をあおり、”その場”での同意決定を求める。

(「騙す人の心理 騙される人の心理―ビジネスから男女関係まで…心は簡単に操作される 」より引用)

この流れで話が展開されていたら、騙そうとしている?と疑って良さそうです。

子宮系やキラキラ女子系や、キラキラ起業塾系が浮かんできます。。。

 

「がんばらなくてもザクザク」「自分に甘くても理想の世界にいける」という利益を目の前にぶら下げるところからスタートして、みんなもやっているという集団心理を巧みに利用して、感情に訴える。(感情にばかりフォーカス)

そして、おだててみたり、これをしなければ損!と思い込ませてみたりして、時間的余裕をなくし不安感を煽る。

 

6段階は、言われてみないと気がつかなそうです。

なんて、なめらかなストーリー。

というか、6段階もあるのですね。

何でもかんでも詐欺ではない

ただ、注意したいこともあります。

話の展開の6段階から、人を騙そうとしているのか、疑うことはできますが、どれか一つ当てはまるから全て騙し、詐欺だとは言えません。

例えば、

①甘い話で欲望、刺激を与え、利益を目の前にぶら下げる。

「利益を目の前にぶら下げる」という表現はイメージが良くないですが・・・

いつも厳しい話が多い人が、甘い話をすることもあります。

その瞬間、「詐欺だ!」とはなりませんよね。

甘い話の次の展開に耳を澄ましてみてください。

 

また、

⑤答えを出させるのに時間的余裕をなくし、切迫感を駆り立てる。

これも誤解されていることがあるのかなと感じるのですが、答えを早く出させることは悪いことではありません。

人間「いつでもいいこと」はやりませんし、そのときに決意できなければ、それまでのことだった言えることもあります。

回答に期限があるからといって、これは詐欺だ!とは決めつけないでほしいなと思います。

 

部分だけ見て判断するのはちょっと待って、ということですね。

だからといって、全体像をつかむことは容易ではないですが、一連の流れは抑えておきたいところです。

 

ただ、「答えを早く!(せかせかっ)」「今すぐ決めて!(早く!早く!)」と迫ってくる人は、気を付けた方がいいでしょうね。

騙されない!が騙されるから

私は子どものころから、騙される人の心の動きに興味があります。

父の本棚に新興宗教に関する本があり、それを読んだことがきっかけかもしれませんが、はっきりといつからとは覚えていません。(そこから、宗教やねずみ講、マルチ商法の仕組みやそれにハマる人たちに興味を持ちました)

そのときから、「私は騙されないぞ」と思ってきましたが、「”私は騙されない”と思っている人が騙される」と夫に指摘され、今では“私は騙されるかも”と思いながら生きています(笑)

なので、この記事を書きながらも他人事ではなく、けっこう自分事だったりもします。

 

だいたい頭の中ではいつも、2つの点を行ったり来たりしているのですが、この場合、

騙さない! ←→ 騙されるかも?

を行ったり来たりしています。

 

騙しの6段階を歩いている真っただ中の人には、この話をしてもおそらく通じません。(騙す方も、騙されている方も)

なので、活用法としては、同じことを繰り返さないための過去の振り返り、また、もしあなたが相談を受けることがあったら、この6段階に当てはまるのか?どの段階にいるのか?を確認するために使っていただければと思います。

 

繰り返しますが、この6段階の真っただ中にいる人は、騙されていると気がつきません。

あなたに相談するとき、騙されているかも?というより、人間関係やお金、健康などよくあるお悩み相談として、言われると思います。

 

最後に、「話の展開からわかる騙しの6段階」をもう一度紹介します。

①甘い話で欲望、刺激を与え、利益を目の前にぶら下げる。

②権威や集団心理、共同体意識を利用する。

③理屈、理論よりも感情、雰囲気に訴える。

④「おだて」「すかし」「脅し」「泣き落とし」「突き放し」などあらゆる手段を用いる。

⑤答えを出させるのに時間的余裕をなくし、切迫感を駆り立てる。

⑥不安感、危機感をあおり、”その場”での同意決定を求める。

 

こちらの本を参考にしました。

ちょっと古い本ですが、今でも十分に学べるところがあります。

考え方・マインドセットの最近記事

  1. 起業女子の忙しいアピールから透けて見えること

  2. 新型コロナ蔓延で見えてきた今後付き合ってはいけない人

  3. 挫折を経験することのメリット

  4. 相談業で役立つメタ思考

  5. 幽体離脱でメタ思考トレーニング

スポンサーリンク


スポンサーリンク


メール講座

つぶやき

10/19 パソコンやスマホの向こう側にいる人に、こうやって思ってもらえたらいいなと思いながら企画しているのですが、本当にその言葉がもらえた時のうれしさったら。

10/19 おもしろいって何だろう。
おもしろい!と感じるのは…
意外なことが結びついた時?
今までとは違う景色が見られそうな時?
え、そんなことってある~!?ということが起きる時?
言葉になる前に、気持ちが動くこともおもしろいのひとつかな。

10/19 「おもしろい」の正体は何だろう??

10/18 今日のピックアップ記事↓↓認知の幻想

10/18 「同じ感覚」を持っていないとニーズをくみ取れないけど、「同じ視点」ではダメなんだなぁ。

10/18 モチベーション維持をがんばるのはズレているような…??がんばらないと維持できないとしたら、それは合っていない可能性ありです。

10/17 新メール講座を公開しました。≫ひとり起業メール講座

10/16 12月に挑戦という遊びするためには?・・・今何をしたらいいか見えてきますね。

10/16 12月にアイデアを試したり、普段できないチャレンジをするために、今から「何しようか?」と考えておくのもいいですね。

10/16 今日のピックアップ記事↓↓

10/14 すごい人の話は貴重だけど、そこにたどり着くまでものすごいことを経験しているので、比較的自分に近い人の失敗談を聞いた方が役に立つという。

10/14 自宅にいる時間が長い人は改めてチェックしたいこと↓↓

10/14 何者にもなれないとわかった時がスタート

10/13 疲れたーという日もあるけれど、1日の中で何か良いこともあるので「今日も良い日だった」と思うだけでなく、“口に出して”1日を終えると幸福感増すのでおすすめです。

10/12 ブログを書く人はおさえておきたい話です↓↓

10/10 このタイミングで改めて考えたいオンライン化について。今日のピックアップ記事↓↓

10/07 ひとりでできることは限られているので、パートナーを見つけたり、チームを作った方がいいけど、まずはやっぱりひとりで一通りできる自分になること。未熟過ぎる状態でチームを作っても0.8人前は0.8人前。

10/06 今日のピックアップ記事↓↓

10/4 新コンテンツ投稿↓↓

9/30 今日のピックアップ記事↓↓

9/30 今年もあと3か月!ですが、2か月のつもりで濃密に。

9/29 人の話をしっかり聞くのもとても大事ですが、実行力があることが前提ですね。どうなる?日本

9/28 仮説のための情報は少ないと不利?
答えはNOです。
情報が十分になることはないし、100%情報を集めても100%正解の答えは出ないので。

9/27 今日のピックアップ記事↓↓

9/25 独自性も収益につながってこそですよね。

9/25 考えても仕方ないことを考えてしまう時
気になることを考えるのをやめることはできないから、新たな予定を入れたり、新しいことを始めたりして、自分の意識をそらすのがおすすめ。

9/25 おぉー。
≫docomo 解約金や解約金留保の廃止及び定期契約の新規受付終了

9/23 ガラッと変わる魔法はないけど、ガラッと変える行動は必要ですよね。

9/23 選択と集中の話は、そもそも選択できるほどの選択肢を用意する必要あり。「集中」を都合よく解釈して、やらない理由付けをしていたら意味なしかな。

NEW!コンテンツ

スポンサーリンク




Twitter

PAGE TOP