WordPressの使い方とSNSに依存しない個人のWeb戦略について発信しています

  1. ワードプレス プラグイン

stripeでオンライン決済 WordPressのプラグインでカード決済導入

ワードプレスのプラグインを活用してクレジットカード決済を導入する方法を紹介します。

使うのは、オンライン決済サービスのstripe(ストライプ)。

クレジットカード決済というとPayPalもありますが、決済したい人もPayPalアカウントが必要になってくるのが、デメリットです。

その点、stripeならアカウント登録は不要で決済者側は自分のカード番号を入力して決済するだけなので簡単です。

 

前提条件はこちら。

  • サイトがHTTPSであること
  • 特商法のページがあること

個人情報を扱いますし、オンライン決済なので整えておきましょう。

Stripe(ストライプ)のメリット・デメリット

メリットは、決済手数料がわかりやすいところです。

2020年8月現在、3.6%です。決済成立ごとなので、計算がシンプルにできますね。

stripe 手数料

デメリットは、決済手数料がかかることです。

0円で導入というわけにはいきませんね。

STEP1:Wordpressにプラグインを設定

プラグインがあなたのワードプレスのテーマと互換性があるかどうかまず確認したいので、プラグインの設定からしていきます。

Stripe Paymentsをインストールして、有効化していきます。

ダッシュボード>プラグイン>新規追加>Stripe Payments

stripe プラグイン

キーワード横の入力欄に「Stripe Payments」と入力すると自動的に検索されます。

互換性を確認して問題なさそうならインストール、有効化していきましょう。

今すぐインストール>有効化

STEP2:Stripeにアカウントの登録

Stripe(https://dashboard.stripe.com/register)にアカウントを登録します。

stripe

パスワードは強化しておくことをおすすめします。

検索するといろいろありますが、パスワード生成(パスワード作成)ツールを活用するのもいいですね。

パスワード生成(パスワード作成)ツール
https://www.luft.co.jp/cgi/randam.php

 

登録したアドレスに確認メールが届くので「メールアドレスを確認」ボタンをクリックしてください。

stripe

メールアドレスの確認ができたら、Stripeのダッシュボートから設定をしていきます。

「本番環境利用の申請」をクリック

stripe

コンプライアンス関連の質問に答え、住所や明細への表記の入力をしていきます。

STEP3:プラグインStripe Paymentsに入力

プラグインをインストールして有効化してあるので、Wordpressのダッシュボートに「Stripe Payments」があります。

3つのタブの内容をそれぞれ入力していきます。

一般設定の入力

「一般設定」タブ>通貨を選択>通貨、記号ボタンテキストを入力

stripe

 

次にAPIキーを入力していきます。

Stripeのダッシュボート>開発者>APIキー>「公開可能キー」と「シークレットキー」をコピー

引き続き、プラグインStripe Paymentsの「一般設定」のテスト環境用のキーに貼り付け(入力)します。

stripe

 

Stripeのダッシュボート>「テストデータの表示中」をオフ(白い○を左に動かす)>開発者>APIキー>「公開可能キー」と「シークレットキー」をコピー

プラグインStripe Paymentsの「一般設定」の本番環境用のキーに貼り付け(入力)します。

stripe

「変更を保存」をクリックします。

 

電子メール設定の入力

次はメールの設定をしていきます。

メールアドレスやお申し込み時(購入時)のメールの件名を入力していきましょう。

stripe

※今はテストモードになっているので、変更したいときはテスト後に修正しても良いでしょう

自動送信されるメールの本文も入力していきます。

stripe

ここの文章はあなたのビジネスにあわせてください。

 

販売者が自分の場合、お申し込みや購入されたときに自分宛にメールが送られてきます。

管理しやすい件名が良いでしょう。

stripe

エラーがあった場合に通知してほしいメールアドレスを入力して、「変更を保存」をクリックしてこのタブは完了です。

stripe

高度な設定の入力

設定はこのタブで最後です。もう少しがんばりましょう。

ただ、このタブではそこまで細かな設定はありません。

利用規約のチェックボックスやボタンの位置など、あなたのビジネスにあわせて適宜選択してください。

stripe

stripe

stripe

新規で何か入力した場合は「変更を保存」をクリックしてください。

ひとまずお疲れ様でした!

ワードプレス プラグインの最近記事

  1. WordPressで開閉クリックできるプラグインShortcodes Ultimate

  2. クレジット決済導入を迷っている人へ

  3. stripe(ストライプ)決済の返金方法と注意点

  4. WordPressで予約管理できる無料プラグインAmelia

  5. stripeでクレジット決済のテストをする方法

スポンサーリンク


スポンサーリンク


PAGE TOP