WordPressの使い方とSNSに依存しないWeb戦略について発信しています

  1. ワードプレス プラグイン

WordPressで予約管理できる無料プラグインAmelia

サロンや教室、イベント運営で必要な予約管理。

WordPressの無料プラグインで対応できるものがあるので、紹介します。

Ameliaです。

予約管理は2つのパターンある

1.メニューをカレンダーから選んでもらう

メニュー→予約できる日時を選んでもらうパターン(serviceタイプ)。

Amelia

Amelia

2.メニューをイベント一覧から選んでもらう

Amelia

Amelia

Ameliaをインストール&有効化

まずはプラグインをインストールして有効化していきます。

ダッシュボード>プラグイン>新規追加>検索窓に「Amelia」を入力>インストール>有効化

Amelia

「設定」から基本情報を入力していく(2パターン共通)

Ameliaが有効化されると、ダッシュボードの左側に「Amelia」が表示されます。

Ameliaの「設定」から基本情報を設定していきます。

入力できない項目は有料プランの項目なので、今回は飛ばしていきますね。

Amelia

基本設定

細かいことは後で考えていただき、ひとまず稼働させるために、入力の目安を★にしました。事前に詳細が決まっている人は合ったものを選んでください。

既定の予定のステータス
・承認待ち(仮予約)
・承認済(予約と同時に確定)★

予約の時間枠にサービス期間を使用する
・ON★
・OFF

予約可能な期間
・60★
単位は「日」です。60に設定すると60日先まで予約できます。
1ヶ月くらいまでにしておきたいときは「30」にしておきましょう。

デフォルトの電話国コード
・Japan

電話番号を必須フィールドに設定する
・ON★
・OFF

Set email as a mandatory field
(メールアドレス)
・ON★
・OFF

Show booking slots in client time zone
・ON
・OFF★

1ページあたりのデフォルト表示されるアイテム
・12★
※Eventsタイプが該当

バックエンドのデフォルトページ
・ダッシュボード★
・カレンダー
・アポイントメント
・Events

Redirect URL After Booking
予約後に表示したいページがある場合、作成しておき、こちらにURLを入力します。(サンキューページと似ているかも)
・今回はいったん無し=空白★

「保存」をクリックします。

会社の設定

・画像
・名前
・住所
・ウェブサイト
・電話番号

住所や電話番号は未入力でも保存できます。

画像も後日アップロードでOKです。

入力できたら「保存」をクリックします。

通知の設定

送信者名
・予約者に送信される送信者名(屋号など)

送信者メールアドレス
・予約者に送信されるメールアドレス

顧客にデフォルトで通知する
・ON★
・OFF

入力できたら「保存」をクリックします。

Provider Settings

詳細
・名前(名)
・名前(姓)
・メール

勤務時間
予約可能な曜日を設定していきます。
※service(Booking)タイプで使用

支払いの設定


・Japanase Yen

価格シンボルの位置
・前

価格セパレータ
・コンマ区切り

価格の小数点区切り
・3

1万円の場合、¥10.000と表示されます。

あとは有料版の入力なので、今回説明は割愛します。

「設定」はここまでです。もう少し進めます!

「通知」からメール文を設定する

予約をいただいた後に配信される自動送信メールを予め入力しておきます。

ダッシュボード>Amelia>通知

Amelia

メールのタイトル、文面は自由に入力できます。

メルマガを配信したことがある人は「%●●%」の意味がわかると思いますが、意味がよくわからない人もいると思います。

この暗号のようなものを使用すると、予約時の入力内容がそのまま反映されるようになっています。

例:%customer_full_name%様 → (予約時の名前フルネーム表示)様

この暗号のようなものは、下記画像の赤枠部分をクリックすると一覧が出てきます。

Amelia

メニューを登録する(serviceタイプ)

カレンダーから選んでもらうためのメニュー(サービス)の登録をします。

ダッシュボード>Amelia>サービス

まずは「カテゴリーを追加」から入力していきます。

Amelia

カテゴリーの考え方としては、例えば

  • オンライン
  • 対面

ですね。

オンラインの中に「オンラインAサービス」「オンラインBサービス」が入っていくイメージです。

カテゴリーを入力したら個別のサービスを入力していきます。

Amelia

ここで入力した内容は、予約者には下記のように表示することになります。

Amelia Amelia

メニューを登録する(Eventsタイプ)

ダッシュボード>Amelia>Events

Amelia

ここで入力した内容は、予約者には下記のように表示することになります。

Amelia Amelia

サイトに表示するためには?

サイトの表示はとても簡単です。

固定ページを新規追加から作成していきましょう。

すでにAmeliaのボタンが表示されていると思います。

Amelia

2パターンのうち、今回表示させたい方を選んでください。

Amelia
※Bookingはserviceタイプのこと

「OK」をクリックすると、Eventsタイプは編集画面では下記のように入力されます。

[ameliaevents]

「これだけ?」と思うかもしれませんが、これで表示されます。

プレビュー画面で確認してみてください。

 

最初の設定で入力する箇所が多いと感じるかもしれないですが、これだけの機能を使おうと思うと必要な内容ですね。

ひとまずお疲れ様でした!

ワードプレス プラグインの最近記事

  1. WordPressで予約管理できる無料プラグインAmelia

  2. stripeでクレジット決済のテストをする方法

  3. stripeでオンライン決済 WordPressのプラグインでカード決済導入

  4. ブログに目次を入れるプラグインEasy Table of Contentsの設定方法

  5. WordPress吹き出しプラグインはWord Balloonが簡単

スポンサーリンク


スポンサーリンク


メルマガ

有料コンテンツ

note

スポンサーリンク




Twitter

PAGE TOP