WordPressの使い方とSNSに依存しない個人のWeb戦略について発信しています

  1. ブログ・ライティング

ブログを書くときの読者目線ってなに??

こんにちは。藤江です。

ブログを書いている人は、読者目線という言葉を聞くと思います。

また、ブログ講師をしていなくても、読者目線て大事だよねと言うことがあると思います。

読者目線で書かなくてはいけない理由はこちらでも書いています。

この読者目線。

カンタンそうでカンタンじゃないなと思ったので、まとめておこうと思います。

一般的な読者目線とは?

読者目線というと、読者からあなたに向く矢印をイメージすると思います。

  • 読者にとって知りたいことは書かれている?
  • 読者にとって読みやすく書かれている?
  • 読者に要点は伝わっている

読者の立場になって書きましょう、ということですよね。

一記事一テーマにしたり、専門用語や難解な表現を避けたり、文字がぎっしり表示されないように改行したり、文章の説明だけではわかりにくいかもしれないから図解してみたり

あなたも、読者の立場になって考えてやっていることはいろいろあると思います。

でも実際、これらが完璧にできていたとしても、読者が想像していた域を出ていない文章は面白みに欠け、読後の満足度も高くありません。

読者は欲張りなのです(笑)

矢印は双方向

読者目線は、読み手から見たあなたへの一方的な目線ではありません。

なので、あなたが読者の立場になってみて「きっとこういうはずだ」と思うだけでは成立しません。

読者の立場に立つことだけが読者目線ではないんですね。

読者からあなたに向く矢印があり、あなたから読者へ向く矢印があり、また読者からあなたに向かう矢印があります。

つまり双方向に行き来している状態が読者目線です。

「矢印ばかり言っていて、よくわからないんだけど???」という声が聞こえそうです。

そうですよね。

例えば、このような内容で矢印が行き来します。

読者 あなた
1.読みたいテーマ 2.ブログを書く
4.ブログを読む 3.ブログを発信する
5.感想を伝える 6.ブログをブラッシュアップする

読者が読みたいテーマ→あなたがブログを書く
あなたがブログを発信する→読者がブログを読む
読者が感想を伝える→あなたは感想を参考にブラッシュアップする

つまり、読者の立場に立つことだけが読者目線ではないということです。

欲張りな読者はありがたい存在

いくら読者のテーマリクエストに答えても、体裁を整えて読みやすくしても、それだけでは実際満足してもらえません。(笑)

読み手の想像をちょっと超えていないと、「読んでよかった」とは思ってもらえないんですよね。

超えすぎていても、理解が追いつかないことがあるので、ちょっと超えているのがポイントです。

(言うのはカンタンですが、これは経験ですね。私もがんばらなくては)

 

読み手の想像をちょっと超えるというのは、

  • 「そこまで考えていなかった」と掘り下げること
  • 「そんな考え方があるのか!」と別の方向に広げること
  • 「そこまでとらえているのか」と網羅すること

があります。

読者のリクエストだけに答えることが読者目線ではないです。

何といっても、読者があなたの発信を読む・見るのは、今の自分にはない”新たな何か”がほしいからです。

知っていることを言われても、「そうだよね」で終わりです。

すでにまとまっていることを言われても、「そうだよね」で終わりです。

 

「もっとほしい」と思ってくれる読者がいることは、内容の充実につながりますし、文章のスキルアップにもつながります。

ありがたい存在です。

 

また、書き手は読み手でもありますよね。

他の人のブログやメルマガを読むことがあると思います。

そのときにどう感じたかを思い出してみると、わかる読み手の気持ちがわかるのではないでしょうか。

結局、読者目線って・・・?

ブログを書いている人なら誰でも知っている「読者目線」。

言葉はかなり浸透しているのに、読者目線自体が浸透していないのはなぜなのかな?と思っていました。

もしかしたら、読者目線の理解がちがっているのでは?と。

 

ある人は、

「読者目線は、読者が求めることを書くことです」

と言い、また別の人は、

「読者目線とは、自分のブログを客観的に見られることです」

と言います。

どちらが正しいの?ではなく、どちらも合っています。

理解がちがっているというより、理解が足りていないということでしょうか。

 

読者目線というと、読者の立場になることだけ、客観的になることだけを指していることが多いのかなと思います。

読者目線は、読み手と書き手のセット、そして、それらを客観的にとらえること。

なので、読者目線を考えるときは、読み手の立場になることと発信者の立場を常にセットで、さらにそれらを客観的にとらえることが大事です。

ブログ・ライティングの最近記事

  1. ブログを書くことで身に付く3つのこと

  2. ブログに何を書いたらいい?のヒント

  3. 【配信したい人向け】ステップメールの読み方

  4. 書くプロに学ぶライティングで大事なこと

  5. 書くこと以外でライティングについて考えてみた

スポンサーリンク


スポンサーリンク


メール講座

つぶやき

10/19 パソコンやスマホの向こう側にいる人に、こうやって思ってもらえたらいいなと思いながら企画しているのですが、本当にその言葉がもらえた時のうれしさったら。

10/19 おもしろいって何だろう。
おもしろい!と感じるのは…
意外なことが結びついた時?
今までとは違う景色が見られそうな時?
え、そんなことってある~!?ということが起きる時?
言葉になる前に、気持ちが動くこともおもしろいのひとつかな。

10/19 「おもしろい」の正体は何だろう??

10/18 今日のピックアップ記事↓↓認知の幻想

10/18 「同じ感覚」を持っていないとニーズをくみ取れないけど、「同じ視点」ではダメなんだなぁ。

10/18 モチベーション維持をがんばるのはズレているような…??がんばらないと維持できないとしたら、それは合っていない可能性ありです。

10/17 新メール講座を公開しました。≫ひとり起業メール講座

10/16 12月に挑戦という遊びするためには?・・・今何をしたらいいか見えてきますね。

10/16 12月にアイデアを試したり、普段できないチャレンジをするために、今から「何しようか?」と考えておくのもいいですね。

10/16 今日のピックアップ記事↓↓

10/14 すごい人の話は貴重だけど、そこにたどり着くまでものすごいことを経験しているので、比較的自分に近い人の失敗談を聞いた方が役に立つという。

10/14 自宅にいる時間が長い人は改めてチェックしたいこと↓↓

10/14 何者にもなれないとわかった時がスタート

10/13 疲れたーという日もあるけれど、1日の中で何か良いこともあるので「今日も良い日だった」と思うだけでなく、“口に出して”1日を終えると幸福感増すのでおすすめです。

10/12 ブログを書く人はおさえておきたい話です↓↓

10/10 このタイミングで改めて考えたいオンライン化について。今日のピックアップ記事↓↓

10/07 ひとりでできることは限られているので、パートナーを見つけたり、チームを作った方がいいけど、まずはやっぱりひとりで一通りできる自分になること。未熟過ぎる状態でチームを作っても0.8人前は0.8人前。

10/06 今日のピックアップ記事↓↓

10/4 新コンテンツ投稿↓↓

9/30 今日のピックアップ記事↓↓

9/30 今年もあと3か月!ですが、2か月のつもりで濃密に。

9/29 人の話をしっかり聞くのもとても大事ですが、実行力があることが前提ですね。どうなる?日本

9/28 仮説のための情報は少ないと不利?
答えはNOです。
情報が十分になることはないし、100%情報を集めても100%正解の答えは出ないので。

9/27 今日のピックアップ記事↓↓

9/25 独自性も収益につながってこそですよね。

9/25 考えても仕方ないことを考えてしまう時
気になることを考えるのをやめることはできないから、新たな予定を入れたり、新しいことを始めたりして、自分の意識をそらすのがおすすめ。

9/25 おぉー。
≫docomo 解約金や解約金留保の廃止及び定期契約の新規受付終了

9/23 ガラッと変わる魔法はないけど、ガラッと変える行動は必要ですよね。

9/23 選択と集中の話は、そもそも選択できるほどの選択肢を用意する必要あり。「集中」を都合よく解釈して、やらない理由付けをしていたら意味なしかな。

NEW!コンテンツ

スポンサーリンク




Twitter

PAGE TOP