WordPressの使い方とSNSに依存しない個人のWeb戦略について発信しています

  1. SNS

SNSで思考停止、そして闇に落ちていく人

SNSでは、乗っ取り事件が多発しているようです。

だたし、それはFacebookのアカウント乗っ取りとかではなく(笑)

脳みそ乗っ取り事件です。

思考停止により、誰かの意見に脳みそが乗っ取られているということです。

自分の考えのようで、実は誰かの考え。

 

細かいことを言うと、私たちの考えは誰かに影響されていますが、自分でかみ砕かないで発信・行動してしまう人、いますよね。

SNSはすぐにわかったような気になれるツールです。そしてすぐにアクションできるツールです。

それは、反応的な行動を取りやすい環境とも言えます。

「その話の核になるのは何?」ということを見ていかないと、思考停止まっしぐらです。

SNSで思考停止するとどうなるの?

SNSの影響で思考停止するとどうなるかというと・・・

例えば、「損得を考えて行動してはいけない!」「好きなことに集中していたらお金は後からついてくる!」というツイートを読んだとします。

SNSの影響で思考停止している人は、たいして考えもせずに『そうなのか~』と思って、同じように

“損得を考えて行動してはいけないんだよ!”

“好きなことに集中していたらお金は後からついてくるから!”

と発信してしまうということですね。

 

本当にそう思っているのかな?そう思いたいだけじゃないかな?と思ってしまうわけです。

 

発信者の本音は、「損得を考えて行動してはいけない!」「好きなことに集中していたらお金は後からついてくる!」

→ということで、ワタシのサービスを買ってね♡かもしれませんよ。

 

「元がとれるかどうか、損得計算してないで、さっさとワタシのサービスに申し込みなさいよ」

「キャッシュフローとか利益の計算とかめんどくさいから、お金は後からついてくるって言っておこう」

かもしれません。(笑)

 

  • どんな立場でそれを言っているのだろう?
  • なぜそれを言っているのだろう?
  • この話の核になる部分は何だろう?

これを考えないと、知らないうちにどんどん考えることをやめていきます。

自分らしく生きたいと誰でも思っていると思いますが、そう思っている人ほど、脳みそが他人仕様になってしまっていることがあります。

あなたは大丈夫ですか?

SNSの悪影響を受けないために

このブログの最初でもお伝えしている通り、私たちの考えは誰かに影響されています。

それは、子どもの頃までさかのぼることもあると思いますし、大人になって出会った人たちや読んだ本に大きな影響を受けていることもあると思います。

なので、人類初!の考えのような発信はできないですが、それでも自分の言葉や表現に置き換えることはできるはず。

 

そして、そこから、「私ってこんなふうに思ってたんだ」と知ることもできますし、「ここはまだ自分の意見が持てていないところなんだな」と知ることもできますね。

あとは、自分の言葉や表現のクセも(笑)

これは、私が自分でブログやメルマガを発信していても感じます。

 

何気なく見ているSNSや読んでいるブログに、けっこう影響されていることがあると思います。

知らず知らずのうちに、その発信者のライフスタイルや考えや買ったものが、自分にとって必要なものに見えてしまうこともあります。

自分のフィルターを意識して通すことで、流されてしまうのを防げます。

SNSの闇に落ちる人

誤解のないようにお伝えすると、SNSは便利なツールだと思います。

使い方次第でビジネスでもとても役に立ちます。

ただし、使い方次第です。

 

SNSには、私たちがついつい触ってしまう、そして離れられなくなる仕掛けがしてあります。

SNSの特徴とも言えますが、それは“通知の数字”です。

Twitterの通知

この通知の数字が付くと、つい見ちゃいませんか?

上記はTwitterの画面ですが、Facebookもアメブロも同じです。

 

最初は何気なく反応しているだけのつもりでも、そのうち通知中毒になってしまっている人もいます。

「通知がもっとたくさん欲しい」「通知がもっと早く欲しい」

こうなると、通知されるように=いいね!(リプ/コメント)されるように、露出を増やしていきます。

通知をたくさん浴びられるように、もっと自分が見られるように、もっと、もっと・・・!!

 

それの何が問題なの?と思った人もいるかもしれません。

 

これはけっこう大きな問題に発展することがあります。

信用を失うことにつながってしまうことがあるんですよね。

 

例えば、通知を優先させることで、情報を精査せずにデマを平気で流したりすることになります。

精査には時間がかかりますよね。

それよりも反応的にSNSに投稿した方が通知という快感を得られるので、精査せずにすぐに投稿するんです。

デマを平気で流す人を信用できますか?できませんよね。

 

通知という快感を優先させるあまり、知らず知らずのうちに信用を失っています。

 

また通知は自分が注目されていると錯覚も起こします。

実際はそこまで注目されていないのに。

こうなるともう闇に落ちています。残念ながら。

SNSは手軽で便利、だけど・・・

SNSを手軽に楽しんでいるつもりが、通知を優先して信用を失う闇にハマっている人も見かけます。

全て自己責任ですが。

 

大人になると注意してくれる人はほとんどいません。

行くところまで行かないと気が付かないんですよね。

ましてアラフォー以上の私たちはSNSの使い方、向き合い方を習っていません。

つまりみんな自己流。

 

手軽に使えるものほど、気を付けたいと思うのでした。

SNSの最近記事

  1. Instagramのプロアカウント(ビジネスアカウント)の設定方法

  2. Facebookグループページの立ち上げ方

  3. SNSで思考停止、そして闇に落ちていく人

スポンサーリンク


スポンサーリンク


メール講座

つぶやき

10/19 パソコンやスマホの向こう側にいる人に、こうやって思ってもらえたらいいなと思いながら企画しているのですが、本当にその言葉がもらえた時のうれしさったら。

10/19 おもしろいって何だろう。
おもしろい!と感じるのは…
意外なことが結びついた時?
今までとは違う景色が見られそうな時?
え、そんなことってある~!?ということが起きる時?
言葉になる前に、気持ちが動くこともおもしろいのひとつかな。

10/19 「おもしろい」の正体は何だろう??

10/18 今日のピックアップ記事↓↓認知の幻想

10/18 「同じ感覚」を持っていないとニーズをくみ取れないけど、「同じ視点」ではダメなんだなぁ。

10/18 モチベーション維持をがんばるのはズレているような…??がんばらないと維持できないとしたら、それは合っていない可能性ありです。

10/17 新メール講座を公開しました。≫ひとり起業メール講座

10/16 12月に挑戦という遊びするためには?・・・今何をしたらいいか見えてきますね。

10/16 12月にアイデアを試したり、普段できないチャレンジをするために、今から「何しようか?」と考えておくのもいいですね。

10/16 今日のピックアップ記事↓↓

10/14 すごい人の話は貴重だけど、そこにたどり着くまでものすごいことを経験しているので、比較的自分に近い人の失敗談を聞いた方が役に立つという。

10/14 自宅にいる時間が長い人は改めてチェックしたいこと↓↓

10/14 何者にもなれないとわかった時がスタート

10/13 疲れたーという日もあるけれど、1日の中で何か良いこともあるので「今日も良い日だった」と思うだけでなく、“口に出して”1日を終えると幸福感増すのでおすすめです。

10/12 ブログを書く人はおさえておきたい話です↓↓

10/10 このタイミングで改めて考えたいオンライン化について。今日のピックアップ記事↓↓

10/07 ひとりでできることは限られているので、パートナーを見つけたり、チームを作った方がいいけど、まずはやっぱりひとりで一通りできる自分になること。未熟過ぎる状態でチームを作っても0.8人前は0.8人前。

10/06 今日のピックアップ記事↓↓

10/4 新コンテンツ投稿↓↓

9/30 今日のピックアップ記事↓↓

9/30 今年もあと3か月!ですが、2か月のつもりで濃密に。

9/29 人の話をしっかり聞くのもとても大事ですが、実行力があることが前提ですね。どうなる?日本

9/28 仮説のための情報は少ないと不利?
答えはNOです。
情報が十分になることはないし、100%情報を集めても100%正解の答えは出ないので。

9/27 今日のピックアップ記事↓↓

9/25 独自性も収益につながってこそですよね。

9/25 考えても仕方ないことを考えてしまう時
気になることを考えるのをやめることはできないから、新たな予定を入れたり、新しいことを始めたりして、自分の意識をそらすのがおすすめ。

9/25 おぉー。
≫docomo 解約金や解約金留保の廃止及び定期契約の新規受付終了

9/23 ガラッと変わる魔法はないけど、ガラッと変える行動は必要ですよね。

9/23 選択と集中の話は、そもそも選択できるほどの選択肢を用意する必要あり。「集中」を都合よく解釈して、やらない理由付けをしていたら意味なしかな。

NEW!コンテンツ

スポンサーリンク




Twitter

PAGE TOP