WordPressの使い方とSNSに依存しない個人のWeb戦略について発信しています

  1. ワードプレス プラグイン

編集に便利!ページを複製できるプラグインYoast Duplicate Postの設定

同じフォーマットのページを複製できたら、次からの入力はラクになります。

例えば、毎月テーマを変えて募集しているページを複製できれば、テーマと日時などを変更するだけで投稿できます。

また、複数のサービスページがあるときは、複製することで同じフォーマットで投稿することができます。

そんな便利なことができるプラグインが、Yoast Duplicate Post(ヨースト デュプリケート ポスト)です。

Yoast Duplicate Postインストール&有効化

まず、インストールしていきます。

「プラグイン」の「新規追加」をクリックしてください。

 

「プラグインの検索」のところに、Yoast Duplicate Post と入力してください。

 

Yoast Duplicate Postが検索されます。


※以前はDuplicate Postでしたが今はYoastが付いたようです

 

「今すぐインストール」をクリックしてください。

インストールが終わると、自動的に「今すぐインストール」→「有効化」に変わります。

 

「有効化」をクリックしてください。

有効化できると、画面が自動的に切り替わります。

インストールと有効化ができました。

次は、設定です。

Yoast Duplicate Postを設定する

「設定」をクリックしてください。

設定画面が開きます。

 

「権限」のタブをクリックしてください。

 

「投稿」と「固定ページ」にチェックを入れます。(すでにチェックが入っていたらそれでOKです)

 

新たなにチェックを入れた場合は、

「変更を保存」をクリックしてください。

設定も特に難しいことはなかったと思います。

Yoast Duplicate Postを実際に使ってみよう

使い方もカンタンです!

2つの方法を紹介します。

投稿一覧から複製

ダッシュボードの投稿一覧を見てください。

 

「複製」をクリックしてください。

元になる記事の上に、複製された記事が表示されます。

 

記事から複製

投稿している記事から直接複製します。

元になる記事を開いてください。

「新規下書きとして複製」をクリックしてください。

複製されました。

このページから入力していきます。

設定や使い方は以上です。

クリック一つでできる

記事の複製は、元になる記事をコピーして、新規追加で新しい投稿に貼り付けるやり方もありますが、地味に手間なんですよね。(この場合、プラグインは不要)

クリック一つで複製されるので、一瞬です。

ぜひ活用してみてください。

あなたの入力がラクになりますように。

ワードプレス プラグインの最近記事

  1. stripe(ストライプ)決済の返金方法と注意点

  2. WordPressで予約管理できる無料プラグインAmelia

  3. stripeでクレジット決済のテストをする方法

  4. stripeでオンライン決済 WordPressのプラグインでカード決済導入

  5. ブログに目次を入れるプラグインEasy Table of Contentsの設定方法

スポンサーリンク


スポンサーリンク


LINE講座

ひとり起業メルマガ

有料コンテンツ-更新中

有料コンテンツnote

スポンサーリンク




Twitter

PAGE TOP