WordPressの使い方とSNSに依存しない個人のWeb戦略について発信しています

  1. ブログ・ライティング

ブログに書いてるその「親近感」が売上を遠ざける

女性がビジネスブログを書くとき、よく自分の失敗談を絡めます。

その方が、偉そうに見えないですし、親近感を持ってもらえたり、共感してもらえたりするからです。

「これはやめた方がいいですよ。理由は○○だからです。・・・なんて、ワタシが今こういうことが言えるのは、過去にこんな失敗があったからなんです。テヘ」

書き方としてはアリです。

が・・・

いつもいつもそのパターンだと、けっこうダメ人間にうつってしまうのですが、気が付いていますか?

その失敗が遠い過去の話だとしても、もうマルっと解決されていたとしても、

「この人、いつも失敗していない?」

「優しそうに見えて、頼りなさそうだな」

と賢い読者には気づかれてしまいます。

つまり、あなたにとって良いお客さんになったかもしれない人たちが離れていきます。

失敗談の頻度や使い方は大丈夫ですか?

失敗談で再び失敗するの巻

自分の失敗談は書きやすいです。

その上、偉そうにならず、親近感を持ってもらえて、共感してもらえるなんて、いいテーマですよね。

ですが、失敗談だらけのビジネスブログは、逆ブランディング。

残念ながら謙虚でステキな人には見えません。

自信のない人、弱気な人に見えて、プロ感もありません。

あなたの失敗談は誰も語ることのできない貴重な情報ですが、頻度や使い方を考えないと、ちょっとダメな人にうつってしまいます。

思っている以上にブログから集客できないときは、頼りなさそうな印象を与えてしまっているかもしれません。

失敗談が多すぎないか?チェックしてみてください。

また、お客さんが集まっている人で、客層が「う~~~~ん」と納得いかない人も、失敗気質の人を”引き寄せて”しまっているかもしれません。

失敗談が多すぎないか?チェックしてみてください。

失敗談によって、再び失敗しないように・・・!

失敗談で失敗しないために

毎回失敗談を載せてしまっている人は、頻度を下げましょう。

3記事に1記事にする。

ブログ、SNS、メルマガ、どこでも失敗談を書いている人は、役割に合わせて失敗談を書く媒体、書かない媒体を決める。

などですね。

それから、失敗談の使い方を情報にすることですね。

「失敗談=ダメなワタシ」ではなく、「こういうタイプの人は、こんなことに陥ってしまうのですが、その解決法はこれです」という感じですね。

もしかしたら、そこまで意識していなかったかもしれませんが、手軽に書けてしまうだけに取り扱いには注意が必要です。

ところで・・・失敗談を絡めるブログをいろいろ読んでいて感じたのですが、陰に隠れている理由が他にもあるような気がするのです。

失敗談を書いてしまう本当の理由は?

ブログを書くときに、失敗談を絡める理由として、

  • 偉そうに見えなくて済む
  • 親近感を持ってもらえる
  • 共感してもらえる

ということがありますが、女性のビジネスブログを読んでいると、本当にそれだけなのかな?と思ってしまいます。

本当は、

上から目線になりたくないと言いながら、イイ人の演出をしているだけのような。

読者目線と言いながら、嫌われないように逃げの表現をしているだけのような。

仕事をもらうために。

そんな気がしてならないです(笑)

あなたはどう思いますか?

ブログを書く人は、ブログを読む機会も多いと思いますが、発信者としても読者としても失敗談に慣れ過ぎてしまい、そんなに意識していなくても書いてしまうと思います。

みんな書いているし。

自分の失敗談や過去を語ってはいけないのではなく、毎回そればかりじゃないですか?

それによって、あなたにとって良いお客さんを遠ざけていませんか?ということです。

失敗談をバッサリカットすると

過去のブログでも、これから更新予定のブログでも、試しに失敗談をバッサリカットして読んでみてください。

エッジが効いてきます。

なんかすごいことを言おうとしなくても、特別なことを言おうとしなくても、乱暴な言葉を使わなくても、これをするだけであなたのブログにエッジが効いてきます。

ふんわり発信して読者にファンになってもらっても、正直、売上にはつながらないのを感じていますよね?

エッジを効かせて、グッと読者の心をつかんで、売上も増やしていきましょう。

ブログ・ライティングの最近記事

  1. ブログを書くことで身に付く3つのこと

  2. ブログに何を書いたらいい?のヒント

  3. 【配信したい人向け】ステップメールの読み方

  4. 書くプロに学ぶライティングで大事なこと

  5. 書くこと以外でライティングについて考えてみた

スポンサーリンク


スポンサーリンク


メール講座

つぶやき

10/19 パソコンやスマホの向こう側にいる人に、こうやって思ってもらえたらいいなと思いながら企画しているのですが、本当にその言葉がもらえた時のうれしさったら。

10/19 おもしろいって何だろう。
おもしろい!と感じるのは…
意外なことが結びついた時?
今までとは違う景色が見られそうな時?
え、そんなことってある~!?ということが起きる時?
言葉になる前に、気持ちが動くこともおもしろいのひとつかな。

10/19 「おもしろい」の正体は何だろう??

10/18 今日のピックアップ記事↓↓認知の幻想

10/18 「同じ感覚」を持っていないとニーズをくみ取れないけど、「同じ視点」ではダメなんだなぁ。

10/18 モチベーション維持をがんばるのはズレているような…??がんばらないと維持できないとしたら、それは合っていない可能性ありです。

10/17 新メール講座を公開しました。≫ひとり起業メール講座

10/16 12月に挑戦という遊びするためには?・・・今何をしたらいいか見えてきますね。

10/16 12月にアイデアを試したり、普段できないチャレンジをするために、今から「何しようか?」と考えておくのもいいですね。

10/16 今日のピックアップ記事↓↓

10/14 すごい人の話は貴重だけど、そこにたどり着くまでものすごいことを経験しているので、比較的自分に近い人の失敗談を聞いた方が役に立つという。

10/14 自宅にいる時間が長い人は改めてチェックしたいこと↓↓

10/14 何者にもなれないとわかった時がスタート

10/13 疲れたーという日もあるけれど、1日の中で何か良いこともあるので「今日も良い日だった」と思うだけでなく、“口に出して”1日を終えると幸福感増すのでおすすめです。

10/12 ブログを書く人はおさえておきたい話です↓↓

10/10 このタイミングで改めて考えたいオンライン化について。今日のピックアップ記事↓↓

10/07 ひとりでできることは限られているので、パートナーを見つけたり、チームを作った方がいいけど、まずはやっぱりひとりで一通りできる自分になること。未熟過ぎる状態でチームを作っても0.8人前は0.8人前。

10/06 今日のピックアップ記事↓↓

10/4 新コンテンツ投稿↓↓

9/30 今日のピックアップ記事↓↓

9/30 今年もあと3か月!ですが、2か月のつもりで濃密に。

9/29 人の話をしっかり聞くのもとても大事ですが、実行力があることが前提ですね。どうなる?日本

9/28 仮説のための情報は少ないと不利?
答えはNOです。
情報が十分になることはないし、100%情報を集めても100%正解の答えは出ないので。

9/27 今日のピックアップ記事↓↓

9/25 独自性も収益につながってこそですよね。

9/25 考えても仕方ないことを考えてしまう時
気になることを考えるのをやめることはできないから、新たな予定を入れたり、新しいことを始めたりして、自分の意識をそらすのがおすすめ。

9/25 おぉー。
≫docomo 解約金や解約金留保の廃止及び定期契約の新規受付終了

9/23 ガラッと変わる魔法はないけど、ガラッと変える行動は必要ですよね。

9/23 選択と集中の話は、そもそも選択できるほどの選択肢を用意する必要あり。「集中」を都合よく解釈して、やらない理由付けをしていたら意味なしかな。

NEW!コンテンツ

スポンサーリンク




Twitter

PAGE TOP