ブログ・発信

アメブロで承認欲求を満たそうとすると落ち込むことになる

アメブロというブログサービスは、無名の人がある日ブログをスタートさせて一記事投稿しただけでも知ってもらうことができて、ブログでありながらSNS的ですよね。

ワードプレスは一記事投稿しただけでは、通常、誰にも知られることがないですので。

すぐに自分のブログの存在を知ってもらえるのは、アメブロのメリットです。

ただ、簡単に知ってもらえてラッキーともならない人もいるようです。

アメブロで手に入れられる承認欲求の悦

読者とすぐにつながれるアメブロでは、記事をアップしたらすぐに反応がわかるので、手軽に悦を手に入れることができます。

PVやいいね!も悦になれる魅力的な要素です。

いいね!がたくさん付くとうれしくなったり、PVが多いと、多くの人に読まれたと思うと思います。

(実際読まれているかどうかはまた別ですが・・・)

そういうことで悦を手に入れる人は、鬱もすぐに手に入れてしまうことになります。

アメブロで落ち込むという鬱

PVやいいね!が少なかったり、思うように伸びないときは、へこみます。

そうすると、PVを増やすために、1日の投稿数を増やしてみたり、いいね!を増やすために、”みんな”に受け入れられそうな内容を書いてみたり、間違った読者目線に走ることになってしまいます。

そして、読者に気に入られようとして、共感というより迎合していくことになります。

自分を曲げてまで合わせにいく、ということです。

その後「やっぱりこれは本当のわたしじゃない」と後悔懺悔ブログを書き、それまで読んでくれた人たちを平気で裏切ります・・・

「え?あのときに書いていたあの内容、あなたの本当の気持ちじゃなかったの!?」

アメブロの悦、アメブロの鬱を手に入れてしまう人

アメブロで悦と鬱を手に入れてしまう人は、元々、自分の軸もふらふらしているので、書き始めてから、数に一喜一憂する毎日が始まります。

それから、ちょっと見かけて(実は無関係)なブログにいちいち落ち込むことになります。

Facebookも同じですね。

すぐにつながれる分、いいね!などの悦を手に入れることができ、思うように数が増えないときは落ち込みます。

気にする人に「気にしないで」と言うほど無責任なこともないと思うので、「気にすることないですよ」とは言わないですが、
生活に支障をきたすレベルならそのものを止めた方がいいと思います。

そこまで重症でなくても、「ざわざわする~」で終わらせたり、ブログで自分に言い聞かせるのではなく、

物事の全体を見るようにして、アメブロもFacebookもあなたのビジネスの一つでしかないことや

人生においてほんの一部でしかないことを知った方が楽になるのかなと思います。

それから、「○○しかない」と思うから窮屈になるので、複数の選択肢を持っておくことが大事です。

無料のツールだけに頼っているから起きているのなら、そのタイミングで有料のものを検討してみるなど、大きく見直してみるといいのかなと思います。

自らアメブロという箱に入りに行ったり、Facebookという箱に入りに行くことで起きていることもあるかも・・・。

アメブロで鬱にならないために

自己を確立しましょう。

「他人を気にしない」とか「なるべく見ないようにする」というのは、一時的な解決法でしかなく、

自己が確立できなければ、アメブロに限らず、Facebookやお茶会やランチ会での会話でも落ち込むことになります。

なので「一喜一憂してしまう自分がイヤ」という人は、

何のためにそれをするのか?
思い込みをしていないか?
自分の意志がそこにあるのか?

自分に問いかけてみてください。

あなたの一部でしかないけど

アメブロにしても、Facebookにしても、一部でしかないからテキトーでいいかと言うと、そういうわけではありません。

長文は書かなくても、文字数が少なくても、「このブログを読んでよかった」と思ってもらえるような情報や読者にとって気づきになるようなことを書いていきたいですね。

スポンサーリンク


関連記事

  1. ブログ・発信

    読まれるブログを書くために知っておきたいこと

    お金の使い方は、3つあります。払った金額よりも大きい価値を生み…

  2. ブログ・発信

    ブログを書くときのヒント「見方を180度変える方法」

    ブログやメルマガを書いていると、たまには違った視点がほしいなと思ったり…

  3. ブログ・発信

    読者目線でブログを書かなくてはいけない理由

    「あなたのブログは読まれていない」仕事としてブログを書いている…

  4. ブログ・発信

    アメブロのタイトルからわかるあのこと

    ※ビジネスでの発信をしている人が前提の話ですその販売者があなたのこ…

  5. ブログ・発信

    「ブログを読んでもらいたい!」と思ったら、みんなに発信しない

    いつだって、人に届く文章は、"みんな"より"誰か一人"に向けたもの…

  6. ブログ・発信

    つまらないタイトルは卒業!思わず読みたくなるタイトルに

    ブログを書いている人は、元々文章を書くことが好きだったりしますよね…

ブログ・文章・発信メルマガ

メルマガ

note記事一覧

このサイトのWordpressテーマ

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

最近の記事

スポンサーリンク




Twitter

  1. 起業

    「好きなことを仕事にしよう!」の罠
  2. ワードプレス

    【初心者向け】ロリポップサーバーを契約する
  3. ブログ・発信

    共感だけブログの限界
  4. 起業

    起業塾は意味ない?ネットにあふれる「起業塾」の情報に翻弄されないために
  5. ワードプレス

    ムームードメインで再びドメインを取得する(ムームーIDあり)
PAGE TOP