マネタイズ

自分を特別視するのはスキルを組み合わせてから

こんにちは。藤江です。

「あなたは特別な存在」と言われたら誰でもうれしいと思います。

それを確認したくて、そう言ってほしくて、お金を払って相談している人もいるかもしれません。

また、「わたしは特別な何者かになれるかもしれない」と思って起業する人もいると思います。

 

別のタイプの人だと、「わたしはそもそも特別な存在なのだから、特別扱いされて当然」「今は仕事や家事、育児があるから一般人の生活をしているけど本当はラグジュアリーな生活をするべき人間」と思っている人もいるかもしれません。

 

どの段階で特別視するのかは大事で、タイミングを間違えるとただの勘違いと空振りで終わってしまいます。

自分を特別視するタイミングは?

では、どの段階で特別な存在だと認識したらいいのかというと、スキルを組み合わせたら、です。

1つだけアピールしてもその他大勢と同じですが、3つ、4つ組み合わせると、自然に特別な存在になっていきます。

 

例えば、カメラマンが「良い雰囲気の写真を撮るのが得意です!」と言っても、その他大勢のカメラマンと変わりませんが、ファッションのコーディネートもできると重宝されます。

さらに、ライティングスキルも持っていると、写真×文章で魅せられて、他のカメラマンとは違ってきます。

さらにWebサイトの立ち上げをイチから10まで教えられたら存在としての特別感は増しますね。

 

ちなみにこれは、誰かに自慢するためではなく、自信を持つため、マネタイズまでをスムーズにするための考え方です。

スキルを組み合わせるためには?

スキルを組み合わせるには、スキルを棚卸しなくてはならないですし、スキルの棚卸しは過去を振り返り自分を見つめ直すことが必要です。

これをせずに最初から「わたしは特別な存在だ」「わたしは存在しているだけで特別だ」と言うのは勘違いだと、私は思っています。

 

ただし、あなたの家族や大事な人にとっては、あなたが存在しているだけで特別です。

特別な存在になる方法も伝えず、ただただ「あなたは特別だよ~」と言う人は、それを言うことで人が集まってくるからです。

(いわゆる情報弱者という人たちが)

 

そのうち、「特別な存在なのに、特別なことが特に起きていない・・・」「みんなと同じ・・・」「生活も変わっていない・・・」「むしろお金は減っていくばかり・・・」ということに気が付くのですが。

マネタイズまでスムーズに

そのようなわけで、自分を特別視するなら、スキルを組み合わせた後で。

繰り返しますが、これは誰かに自慢するためではありません。

また、「私ってば、すごい人」と勘違いするためでもありません。

 

ただ、自分を卑下していては売ることができないので、自信を持つために、スキルを組み合わせた後なら特別視してもいいのでは?という考え方です。

「私なんて、何をやってもダメダメで・・・」という自信のない人からは買いたくないですよね。

また、「今のままで自信を持って・・・!」と言われても、昨日まで自信のない人が今日から自信を持つことはできません。

 

できることして、ステップを踏んで、マネタイズまでスムーズに進めてください。

あなたはどんなスキルを組み合わせて特別な存在になりますか?

スポンサーリンク


関連記事

  1. マネタイズ

    すでに持っているスキルをマネタイズするためには

    今回のテーマの「スキル」は、能力や今までの経験、知識のことです。…

  2. マネタイズ

    「お金のブロックがあります」ビジネス

    いったい何百個のお金のブロックを外したら、お金の悩みから解放されるので…

  3. マネタイズ

    楽しさを提供する商品のつくり方

    無形商品のサービス提供でよくあるのは、お悩み相談ですよね。ブロ…

  4. マネタイズ

    あなたのスキルを発揮してお金につなげるためには

    こんにちは。藤江です。あなたのスキルを発揮するためには、あなた…

  5. マネタイズ

    未来の収入と支出を知る方法

    未来の収入を知るのに簡単な方法があります。事業計画も、複雑な計…

  6. マネタイズ

    一生お金に困らないスキルを身につける

    「お金持ちにはさらにお金が集まる」という法則を聞いたことがある方も…

メルマガ

note記事一覧

最近の記事

スポンサーリンク




Twitter

  1. ブログ・発信

    ブログに書いてるその「親近感」が売上を遠ざける
  2. つぶやき・仕事術

    キラキラ女子とそうでない人のちがい
  3. 起業・ビジネス

    キラキラ起業女子の残念な話
  4. コミュニティ論

    小さなコミュニティの主催者論
  5. マインドセット・考え方の枠組み

    本当の「強み」や「個性」や「魅力」を知るためには?
PAGE TOP