ブログ・発信

「ブログを読んでもらいたい!」と思ったら、みんなに発信しない

いつだって、人に届く文章は、
“みんな”より”誰か一人”に向けたもの。

みんなに配っている手紙には興味がなくても、
あなた一人に渡された手紙は読みますよね?

あなたは芸能人ではない

読者が複数人いると思うと、
「みなさん」と呼びかけたくなると思います。

でも、ビジネスでブログを書いていたら、
みんなへの行動報告よりも、
誰か一人へのメッセージの方が届きます。

例えば・・・

みなさん、こんにちは♡今日もお元気ですか?
わたしはこれから、お気に入りのラウンジで
クライアントのセッションです♪(自撮り)

というみんなへの(何の役にも立たない)報告よりも、

あなたは「好きなことを仕事にしよう」の罠を
知っていますか?
 
なぜ(週末)起業コンサルが、
「好きなことを仕事にしよう」とさせるか
知っていますか?
 
好きなことなら、多少お金にならなくても
しばらくは続くからです。
 
あなたは罠にハマっていませんか?

というあなたに向けたメッセージの方が
届くと思うのですが、あなたはどう思いますか?
 
 
 
内容の問題ですか(笑)
 
 

ビジネスブログで、昼間どこに出かけて、
誰と会って何をしているか?
セールで何を買ったのか?

ホント、どうでもいいですよね。

もっと使える情報を発信した方が、
読者も見込み客もクライアントも
喜んでくれるのでは・・・^^?

そもそも、喜んでもらう気がないのでしょうか。

目的が変わっていませんか?

純粋に、うらやましいと思われたいだけなら、
みんなに向けて、日常を趣味ブログとして
発信したらいいと思うのですが、

ビジネスとして考えているなら、
みんなへのアピールではなく、
誰か一人へ届けないと、お申し込みにつながりません。

収入がほしくて起業や副業をスタートしたのに、
いつの間にか、みんなへの過剰なアピールに
目的が変わっていないか?

ブログとビジネスの関係が
うまくいっていないと思う方は、
ちょっと考えてみるといいかもしれません。

誰に何を書いたらいいのか?

では、誰か一人の「あなた」に向けて、
どんなことを書いたらいいのでしょうか?

一番の近道は、読者に聞いてみることです。

何を知りたいのか?
今、困っていることは何か?
どのブログに興味をもってくれたのか?

ブログ内で聞いてみたり、
アンケートフォームを作ってもいいですね。

あなたにメールやメッセージをくれる人に、
どんどん聞いてみるのもいいです。

「返信が来ないかも?」は気にしない。

そもそも、見込み客ではない可能性があるので、
気にしなくていいです。

あなたに

“みんな”から“あなた”に変えることで、
今までよりも読んでもらえるようになります。

読んでくれる人に自分事として感じてもらえるように、
ブログを発信していきましょう。

スポンサーリンク


関連記事

  1. ブログ・発信

    こうして自分を苦しめる「いい人キャラ」が作られていく

    きっとこのブログを読んでくれている方は大丈夫だと思うのですが、…

  2. ブログ・発信

    ブログで成長するために止めるべきこと

    ブログって人を成長させますよね。過去の自分の文章を読むと、…

  3. ブログ・発信

    読まれるブログを書くために知っておきたいこと

    お金の使い方は、3つあります。払った金額よりも大きい価値を生み…

  4. ブログ・発信

    文章をお金に換える noteの始め方

    2017年3月後半から始めたnote。約2ヶ月経ちました。…

  5. ブログ・発信

    ブログに書いてるその「親近感」が売上を遠ざける

    女性がビジネスブログを書くとき、よく自分の失敗談を絡めます。その方…

  6. ブログ・発信

    ブログを書くときのヒント「見方を180度変える方法」

    ブログやメルマガを書いていると、たまには違った視点がほしいなと思ったり…

ブログ・文章・発信メルマガ

メルマガ

note記事一覧

このサイトのWordpressテーマ

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

最近の記事

スポンサーリンク




Twitter

  1. 起業

    「アメブロ×Facebook」のSNS起業は不幸の始まり
  2. ワードプレス

    アメブロからワードプレスに変えるときに絶対にNGな2つのこと
  3. つぶやき

    間違いだらけの起業女子にならないように
  4. お金につなげる考え方

    一生お金に困らないスキルを身につける
  5. つぶやき

    マインドとノウハウの前に、女性に必要なのはこれでした
PAGE TOP