WordPressの使い方とSNSに依存しない個人のWeb戦略について発信しています

こんにちは。藤江です。今回はブランディングです。ブランディングというと、イメージ戦略や外見のみに特化している内容と思われがちですが、実は中身が重要。中身に焦点を当てていきます。

とはいっても最終的にはアウトプットもしていきます。

ブランディングを一言で表現すると何だと思いますか?

ブランディング=らしさ

私は「らしさ」という表現がしっくりきています。

ブランディングするというころは「らしさ」を表現することになりますが、「らしさ」を表現せよ、と言われても困ってしまいますよね。そこでこの記事では「らしさ」の表現のために必要なことを決めていきます。

段階的にやることはたくさんありますが、ここではまず取り組みたい3つを紹介します。

最初は、良いブランドの定義を明確にしていきます。言葉のイメージをふわっとして捉えたままだと途中で迷走してしまう可能性があるので、定義をしていきます。

また、ここまで取り決めた内容に対して、またはこれまであなたが個人的に取り組んできたことに対して定義と照らし合わせていきます。

一致していれば問題ないですし、ズレているところがあれば調整していく必要があります。タッグを組めるパートナーがいれば別ですが、基本的に一人で進めることを想定しているのでここでセルフチェックするようにします。  

2つ目で見ていくのは、あなたのビジネスの(ブランド)構造について。一つのことに取り組んでいると視野が狭くなってしまうので、グッと視野を広げて自分の事業の全体像を把握していきます。書き出してみることで強化した方がいいことや、得意分野が見えてきます。

3つ目はブランドストーリーです。屋号がある方も個人名で活動している方も、伝えられることがあります。

そして、上記の内容をアウトプット、ビジュアル化していきます。今回の内容を押さえていただくと、脱・素人、脱・趣味にもなるので、周囲に与える印象も変わりこれまでと流れが変わってくる人もいると思います。そのあたりの変化もお楽しみに。

では、本編をご覧ください。

 
PAGE TOP