ブログ・発信

SNS乗っ取り事件多発

SNSでは、乗っ取り事件が多発しているようです。

だたし、それはFacebookのアカウント乗っ取りとかではなく(笑)

脳みそ乗っ取り事件です。

誰かの意見に脳みそが乗っ取られているということです。

自分の考えのようで、実は誰かの考え。

細かいことを言うと、私たちの考えは誰かに影響されていますが、自分でかみ砕かないで発信・行動してしまう人、いますよね。

「その話の核になるのは何?」ということを見ていかないと、どんどん脳みそが乗っ取られてしまいます。

乗っ取られるとどうなるの?

脳みそが乗っ取られてしまうとどうなるかというと、

例えば、「損得を考えて行動してはいけない!」「好きなことに集中していたらお金は後からついてくる!」というブログを読んだとします。

脳みそが乗っ取られてしまっている人は、たいして考えもせずに、『そうなのか~』と思って、同じように

“損得を考えて行動してはいけないんだよ!””好きなことに集中していたらお金は後からついてくるから!”

とブログで発信してしまうということですね。

 

本当にそう思っているのかな?そう思いたいだけじゃないかな?と思ってしまうわけです。

 

ブログ発信者の本音は、「損得を考えて行動してはいけない!」「好きなことに集中していたらお金は後からついてくる!」

→ということで、ワタシのサービスを買ってね♡かもしれませんよ。

 

「元がとれるかどうか、損得計算してないで、さっさとワタシのサービスに申し込みなさいよ」

「キャッシュフローとか利益の計算とかめんどくさいから、お金は後からついてくるって言っておこう」

かもしれません。(笑)

 

  • どんな立場でそれを言っているのだろう?
  • なぜそれを言っているのだろう?
  • この話の核になる部分は何だろう?

これを考えないと、知らないうちに、どんどん脳みそが乗っ取られてしまいます。

自分らしく生きたいと誰でも思っていると思いますが、そう思っている人ほど、脳みそが他人仕様になってしまっていることがあります。

あなたは大丈夫ですか?

乗っ取られないために

このブログの最初でもお伝えしている通り、私たちの考えは誰かに影響されています。

それは、子どもの頃までさかのぼることもあると思いますし、大人になって出会った人たちや読んだ本に大きな影響を受けていることもあると思います。

なので、人類初!の考えのような発信はできないですが、それでも自分の言葉や表現に置き換えることはできるはず。

そして、そこから、「私ってこんなふうに思ってたんだ」と知ることもできますし、「ここはまだ自分の意見が持てていないところなんだな」と知ることもできますね。

あとは、自分の言葉や表現のクセも(笑)

これは、私が自分でブログやメルマガを発信していても感じます。

 

何気なく読んでいるブログに、けっこう影響されていることがあると思います。

知らず知らずのうちに、その発信者のライフスタイルや考えや買ったものが、自分にとって必要なものに見えてしまうこともあります。

自分のフィルターを意識して通すことで、流されてしまうのを防げます。

脳みそ乗っ取り事件に巻き込まれないようにしてくださいね。

スポンサーリンク


関連記事

  1. ブログ・発信

    ブログで成長するために止めるべきこと

    ブログって人を成長させますよね。過去の自分の文章を読むと、…

  2. ブログ・発信

    ブログを書くのに時間がかかる問題を解決

    私の"発信自体"に興味を持ってくださる女性もいまして、というかそういう…

  3. ブログ・発信

    ブログを書くときのヒント「見方を180度変える方法」

    ブログやメルマガを書いていると、たまには違った視点がほしいなと思ったり…

  4. ブログ・発信

    アメブロで逆効果になってしまう4つのこと

    こんにちは。藤江です。キラキラ起業女子ブームが去ったとしても、…

  5. ブログ・発信

    ブログのためのボキャブラリーの増やし方

    こんにちは。藤江です。もっとボキャブラリーが多かったらいいのに…

  6. ブログ・発信

    文章をお金に換える noteの始め方

    2017年3月後半から始めたnote。約2ヶ月経ちました。…

ブログ・文章・発信メルマガ

メルマガ

note記事一覧

このサイトのWordpressテーマ

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

最近の記事

スポンサーリンク




Twitter

  1. つぶやき・仕事術

    “今すぐ幸せ”に惑わされない、幸せになるための3つの条件…
  2. ブログ・発信

    ブログを書くのに時間がかかる問題を解決
  3. 起業・ビジネス

    キラキラ起業女子の5つの特徴と行く末
  4. ブログ・発信

    読まれるブログを書くために知っておきたいこと
  5. 起業・ビジネス

    アメブロ起業女子の肩書き文化を考える
PAGE TOP